自転車でさるく。

熊本県北部在住のランドナー・スポルティーフ乗りです。

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

このマシンはなぁに?

そこどけッ。。
↑売却前に写真を撮っているところですが、娘が邪魔をしているだけだという・・・

「りーどれー君売ったらダメ。」

「なんで??」

「かわいいから。」

「え、だってパパこれ、乗りきらんもん」

「ねずみちゃん(娘の空想の中に居るらしい)もダメていいよらすよ。」

あーもー。進まん。。


もの凄い駄文スンマセン・・・orz
スポンサーサイト

| 与太噺 | 19:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第17回球磨川センチュリーライド

昨年、なかなか良い思いをさせていただいた標記大会の案内が
送付されて来ました。もちろん今年も参加します。
桜と菜の花、それにSLの運行にもばっちり合ってラッキー!
でした。
今年はスポルティーフでじっくり景色を愉しんで走りたいと
思います。ユーラシアでもいいな。。
案内状です。
併せて五家荘大会の案内も同封されていましたよ。

又、娘の知恵熱も引いて一安心。子供って40度超えても普通に
動こうとするので、びっくりします。大の大人ですら動けなく
なるんですが・・・><。

| 銀輪生活 | 15:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今宵もさるく。

距離42.4km AVE22.4km/h 機材:ROYAL NORTON

昨日に引き続き、夜間走行を愉しんでみました。昨日はどちらかと云えば
アーバンなコースでしたが、今日はがらり変わってカントリーなコースを
選んで走りました。街灯の助けが殆ど得られない区間を走行している・・・
という想定です。
ピカー。
途中まではご覧のとおり、元気バリバリでした!なかなか明るいです。

走って分かったことですが、LEDは確かに明るいものですが、その光は
青っぽく、私の眼では陰影を掴み辛いために、道路の凸凹をいくつか見落
しがちでしたが(特に進行方向の轍やクラック)そこは橙色のハロゲンの
光が照らし出してくれました。ただ・・・このキャットアイのHL-500Ⅱ
というハロゲンランプ、可也り明るいものの実働は3時間弱。

予想はしていましたけど、この大飯喰らいっぷりでは、通勤レベルでしか
使えそうにないですね><。
また、単3電池が4本も必用なところもマイナスです。使用済みの電池は
棄てることが出来ないとデッドウェイトになりかねません・・・

重量で不利ですが、ハブダイナモの導入を考えてみる必要がありそうです。
今更ローラーダイナモは無いでしょうし。
schmidt1_s.gif
↑コレいいなあ。ドイッチェのシュミットさん♪・・・3まんえん...orz×16

また、車載灯では道路案内を視認しにくいことも分かりました。あの高さは
クルマのライトを基準に設置されているので、視るためにはやはり炭鉱夫
よろしくキャップランプが必用だと思いました。

あと、反射タスキとホイルに反射板の装着が必要ですね。視てもらうことも
大事です。今後しばらく近郊をさるいてみます。

| 銀輪生活 | 22:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨上がりの夜空に・・・

雨も止んだので、思い立って2時間ほど夜遊びに出かけてみました。
○用意するもの
P2230104.jpg
・スポルティーフ:1台
PC200028.jpg
・ライト:2本
・好奇心:適量
・若かりし頃を懐かしむ心:少々

いつもの景色もがらり違って見えます。これぞ大人の深夜徘徊(謎
ムダにわくわくしている自分がいます。
P2230105.jpg
強力なLEDのライトとハロゲンランプの2本立てでございます。
これで真っ暗闇も何も怖くはありません。

足元はワイドにLED、遠方はハロゲンと役割りを与えています。
・・・ただ、電池がどれだけ保つのかは、今後実証しなければですね。

それにしてもあったかい夜でした。
追:本日よりHNを銀輪 太郎(ぎんりん たろう)に改めます^^;
たろーさんとでもお呼びください><。

| 銀輪生活 | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日がな一日さるく。

家族が実家に帰省していて誰も居ない日は朝からよからぬ事を考えます。
・・・とは云っても、40を過ぎれば遊ぶにも体力が必要ですので、若いときの
ように莫迦なことはやれませんが(笑)旅の前にスマイルプリキュアを
撮っておきましょうか・・・黄色い子の可愛さがなかなかあざといですね^^;

さて、今回もあてどもなくさるきます。今回のお供はスポルティーフ。平均
20km/h+のあてども無いツーリングです。

さて何処行こうかな?とか思いながらぼーっ。と走ってたら久留米くらいまで
来てました。

50kmばかり走ったところで熊本城マラソンの日だな!?とか思い出したり、
月曜以降の仕事の段取りが頭をよぎったりするのはナゼ??

そんなこんなで今日は100km少しさるいて終了です。風こそ冷たいものの
とても走りやすかった1日でした^^

・・・あ。写真撮ってないや><。

| 銀輪生活 | 20:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

意味も解らずに乗っていたこと  

ある日、愛車VIVALOとのお散歩中の出来事でした。とある場所でビバークして
いたところ、紅いマシンに乗ったお爺さんから声を掛けられました。

「エンドは浅く掛けなさい。」(確かこんな感じだったと思います)

は?ハイ・・・

お爺さんが走り去ったあと暫しぽけらー。っとした私でしたが、翁が愛車のエンド
部分を指していることは解りましたが、「浅く」の意味が解らずそのままで帰宅しま
した。

そしてそれから暫く経った今日、午前中で仕事を終え意気揚々とアテのない散歩を
愉しんでましたが、インナーで変速するとギアが勝手に歯飛びし出したのでカガワ
へ寄りました。

ショップでの会話の中で、カンパ方式のエンド金具の話題になったときのことです。
その内容こそ、まさしく翁が云っていた言葉の意味でした。
FZR_0400.jpg
カンパエンドにおける後輪の極め位置。アーチの奥ではなく、かなり浅い位置で
極めるのだそうです。

いくつかの意味がありましたが、中でもビルダーはフレーム製作にあたって、後輪の
位置が「浅く」エンドに掛ったときの寸法でフレームを仕上げている!ということ。

・・・つまり、フレームのディメンションをわざわざ狂わせて乗っていたのです!
何しろ10mm近く正しい位置に戻してもらったのですから...orz×128

お爺さんから見たら子供がオヤジの背広着て、いきがっているように見えたこと
でしょう。今の今頃解るとは・・・。

こういったカタチが好きなだけで、聞きかじりの知識で深く理解せずに乗っていた
ことを深く恥じ入った次第です。改めて日下師に申し訳なく思うとともに、自転車一つ
乗るにしてももっと真摯に取り組まなければならない。そう思いました。

| 銀輪生活 | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。