自転車でさるく。

熊本県北部在住のランドナー・スポルティーフ乗りです。

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オラが町のアイドル

ついに!荒尾でも地方アイドルが出現しましたッ!

その名も「MJK」!!
(マジカって読んだらイカンよ。)

読み仮名は「えむ・じぇい・けい」です。
8月4日の地元イベントでデビュー予定!(デビュー曲は「両手でピース」)
ただいまファンクラブ募集中であります。

o0582082012031818493.jpg
オーディションを勝ち抜いた精鋭6名

これからどんな活躍をしてくれるのか・・・!!?
チューリップ賞に向かうエスパーアラオを見送る気分です。
何とか頑張ってもらいたいですね。

なお、第Ⅱ期募集もあるそうですよー!

・・・気がつけば、長雨ですっかり自転車ネタが書けない状況になってマス。
夜間走行でもやりたいところですね><。
ナイト有1しませんか!?(←誰に云いよるん自分?)
スポンサーサイト

| 与太噺 | 22:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グロ注意

姪っ子のバレエの発表会応援がてら、家内の実家がある八代市まで
ちょろっと走ってみました。

距離は72kですが、これまで2度走ってます。最初は何と5時間半orz
次は4時間。いずれもスポルティーフでの時計です。

今回はVIVALOで行くかRIDLEYで行くか30分ほど迷いましたが、アルミ
バイクのしゃきしゃき感も最近では面白くなっているので、後者を起用。

P1000176.jpg
好きな河内越えの海沿いルート。気分最高!!
脳内BGM♪ROUTE134by杉山清貴&OMEGATRIBE

梅雨入り宣言が出たはずなのに真夏のような陽射しの下を走ります。
汗がそれほど出ないのが幸いでした。殆ど休憩することもなくひた
走ります。

・・・しかし!着いてシャワーでも浴びようかと思ったらば・・・
ウェアを脱いだ瞬間、ヒザ頭がヒリ付きます。
まさか・・・と思いましたが、そのまさかです。

P1000175.jpg
野郎の脚なぞお見せすることになり大変申し訳ございません。
どう見てもやけどです。ほんとうに有難うございました。。
お風呂が大変辛うございます><。

機材:RIDLEY
走行距離:72.4km
走行時間:3時間ジャスト(おおー!人類はこうして進歩していくのですね!)

| トレーニング | 21:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「お父さんへの千羽鶴」と云う絵本

大人になってまさか自分に絵本を買うなんて思いも
しませんでしたが、今回買った1冊をご紹介してみます。

まず表紙の千羽鶴を掲げ、海軍第1種軍装に身を包んだ
軍人さんがパッと目に入ります。

DSCF0001.jpg
この軍人さんは「お父さん」であり「特攻隊員」でした。

今でも「KAMIKAZE」と云う口当たり鋭い飲み口のカクテル
に名を残すほどアメリカ軍にも怖れられた特攻隊員。

この絵本のことを知り、すぐに最寄の書店で注文して取り
寄せました。

透明感あふれる色彩と穏やかな絵柄。
しかし、読み進める内にぐっと引き込まれてしまいます。

隊員達はこれで死にたくはなかったことでしょう。
それでも何千柱という戦士が南の海に散華しました。

理由は何か!?

天皇陛下のため、お国のため・・・たぶんそれは二の次。
アメリカ憎し!・・・それも少し違う気がします。

とにかく、子を妻を親を。恋人を。

わが身を弾に変えてでも、愛しき者を護りたい。
それに尽きたのではないかと思います。

彼らは未来の日本や子孫のことまでは考えることは
おそらく無かったのではないかと思います。

DSCF0002.jpg
よくあるような批判では無い。 かと云って賛美では無い

勿論、どこかの団体のような反戦平和が御旗の安っぽく
薄っぺらい「へいわがだいじ」なんて欠片もありません。

千の鶴に導かれて最期まで飛んだお父さん。
還ることの無いお父さんの無事を願う家族。
あるのは「祈り」なのだと。

この物語に登場する「お父さん」はつい70年ほど前に実際に
存在したひとりなのだと思います。

私はたまたま今の時代に生きていますが、彼らが命を掛けて
遺してくれたことをこの絵本を介していつか娘に伝えようと
思います。過去に起きた紛れも無い事実として。


お父さんへの千羽鶴
ときた ひろし著
展転社 B5版 ISBN番号:978-4-88656-305-7 C0721

| 与太噺 | 00:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。