自転車でさるく。

熊本県北部在住のランドナー・スポルティーフ乗りです。

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

電子フラッシャー付きの自転車(しかも新品)ですよ!

私は食後に腹ごなしがてら職場の近隣を「さるく」訳ですが、とある
お店でスゴイものを発見しました!

suzuki01.jpg
老店主がのんびりやっているお店の奥に鎮座する「インパルス号


スズキインパルスです。バイクではありません。自転車なんです。

愛車スカイウェイブのメーカーも、かつてはこういったのを造っていた
んですね・・・。40年ばかり前のイカした車体です。

私達より、もう少し年上のお兄さん方が、こういったクルマに颯爽と
乗っていたのを憶えています。

以前、朽ちた個体と想い出について書きましたが、これは新品です。
まだビニールが被せられています。電子ブザーもバッチリ鳴ります。
値札は付いていませんでした。

当時少々お値段が張ったおかげで売れず、今に至るのだそうです。

「もう飾りみたいなものですよ。」半ばお店のシンボルみたいになった
車体を指して笑います。

老店主が私のユーラシア号を眺め乍ら「貴方は自転車お好きですね?」

・・・ええ。まぁ。

この手は昔、本当にたくさん売れました。」

サイクル少年達がこぞって買いに来ていた頃の話を聞きました。
自転車メーカーも昔はむちゃくちゃあったようです。まだまだ浅学。。

こんな感じで老店主がやっている個人商店も少なくなりつつあります。
と、同時にお店の歴史の一部になったような商品も本来の役目を果たす
ことなく消えていったりするんだろうなぁ・・・などと思ってみたり。


だからといってこれ以上蒐集した日にゃ、家庭崩壊の憂き目に遭いそう
ですが^^;

気が付けば電子フラッシャーなる過剰装備(!?)も、いつの間にか消えて
遠い記憶の中にだけあるような状態ですが、実車を目の当たりにすると
ある種の「憧れ」を想い出します。


suzuki02.jpg
艶消し黒のフレーム、クルマのATシフターのような5段ギアー、電飾・・・
乗るには幼なすぎて、乗ることが叶わなかった夢の宇宙船のような車体。

今のヤング達はどう感じるか判りませんが、今でもカッコ良い自転車だと
私は思っています。



以上、不惑おっちゃんのノスタルジーでした^^;

スポンサーサイト

| 銀輪生活 | 21:53 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

のばらさん(野原八幡宮例大祭)

荒尾市の3大祭りのひとつ、「のばらさん」(野原八幡宮:のばらはちまんぐう
例大祭)が行われました。

毎年10月15日に開催されるこのお祭りは、荘園領主の祭事に起源を持つとされ、
和紙で造られた獅子頭を頭に付けた稚児による舞「風流(ふうりゅう)」と、稚児を
乗せた馬を曳く行列が八幡宮へ「ヘーロイ!ハーロイ!」(掛け声の由来は残念乍ら
判りません^^;)の掛け声とともに神幸する、武家方の祭事に起源を持つと云われる
節頭行事(せっとうぎょうじ」の2つで成っています。

nobara01.jpg
すでに750年ほどの歴史を持つとの事で、「風流」は熊本県の県重要無形民俗
文化財、「節頭行事」が荒尾市の無形民俗文化財に指定されています。

御祭神は住吉大明神、応神天皇、神功皇后です。また、産土神として地元の人々に
親しまれ、私の娘もここでお宮参りや七五三をしました。

中学校と小学校に挟まれた立地にあるので、境内で子供を見かけることが多く、
今の時期は学校帰りの子供達が椎の実探しをしています。

この野原八幡宮は野原荘の一ノ宮とされ、荘を囲むように南に高浜地区の二ノ宮、北に
荒尾市唯一の前方後円墳上に立地する川北地区の三ノ宮(下井手神社)、東に本井手の
唐崎宮が配されています。ムー的な考えですが、これらで結界のような仕組みになって
いたり・・・などと考えてみたりしています。(実際荒尾市に災害が少ないことから、案外
そうなのかも知れません)これらのお宮についてはまた書いてみたいと思います。

nobara02.jpg
さて、のばらさんと云えばここでも他の神社のお祭り同様、縁日が開かれます。子供の
頃はこの縁日が楽しみで、実際この日は学校も半ドンでしたから、数百円を握り締めて
縁日の出店で売っているあやしいモノに舌鼓を打ったものです。

自分の子供が同じようにお祭りを楽しむのを見ながら、自分の子供の時を思い出しました。
あの頃のスルメ焼きやりんご飴はおいしかったなあ・・・と。

| 荒尾のよかとこ | 21:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1007八代175

エントリー出来なかった事を何時迄もウダウダ考えても仕方が無いので、
折角秋晴れの見事なお日和だったこともあって、自分だけの走りをしました。

最初はりーどれー君でちょっくら頑張ってみようかとも思いましたが、結局
VIVALOで力まず、焦らずを主眼に置いて乗ることに。

八代市の某所をスタートして三角半島を目指します。絶好のお天気だった事
もあって、多くのバイクライダーやサイクリストに遭遇しました。

michinoeki.jpg
なぜか急に水分を棄てたくなったので駆け込んだ不知火の道の駅。

三角半島は天草への玄関口でもありますので、天草行きの旅人が多いですね。
私も若い時には釣りによく行ってました。

misumi.jpg
三角港の乗船ターミナル?はこんな感じの変わった外観です。貝をイメージして
いるんでしょうか。それにしても良い天気です。

半島の南半分を走りきった処に三角西港があります。万田鉱と並んで世界遺産に
エントリーしているそうです。築港から形が変わって無いそうで、石造りの港には
多くの家族連れ(ファミリーフィッシング)やアベックで賑わっています。

nishikou.jpg
こんな感じの佇まいもなかなか良いものです。

さて、快適だったのはここまで。北周りになったとたん、海からの風が吹き付け
スピードもがくーん。と低下し、思うように走れません。下ハン握って耐えるしか。
快晴の昼間だからいいですが、真夜中のライディングならこの状況、結構怖いかも
ですね。

kaze.jpg
(ほんと、20km出ないんです・・・)

ここまで来ると大分腹も空いてきましたが、泡の出る飲み物も欲しくなります。

pep.jpg
こんな時のコーラって何てウマイんでしょうか。(私はペプ派)

走りだしてしばらくは風に加えて、ゲップとの戦いです。もっとスマートに走れん
もんでしょうかね・・・。

半島をクリアしたら本格的に腹が減りました。遅くても燃費の良し悪しには全く
関係が無いようです^^;
熊本新港付近では25km/hくらいしか出せなくなりました。脚が廻りません。

そのとき!!
キャンピングのヤングライダーが3台、ばしゅーん!と抜いて行きます。
パニアぶら下げて、テントをくくり付けたマシンで約30km/h。
聞けば雲仙から帰る途中のサイクリング部の学生だとか。いいなー!こんな
青春羨ましいなー。オジさんの血もムダに滾ります。

camp.jpg
速い!こ、これが若さか・・・

しかし、時計が13時になった時点で脚がダダこねました。以前記事で書いた
金龍美食に駆け込んでご飯をパクパク・・・

umai.jpg
腹が減り過ぎたからってコレはイカンでしょうってくらいの量でしたが、この
先の道のりを考えたら、これでもいいのかもと思えます。
あまりの空腹に牛肉麺を裏切ってマーボ茄子定食。うまかですばい。。

30分ばかり長居しましたが、水筒にも水チャージして旅を続けます。
この後は+Cショップに初めて寄った後、3号線をノタノタ北上して山鹿あたりで
切り上げて家路に付きました。結局175kmというビミョーな距離で終了しました。
次こそは、ああ、次こそは。

| 銀輪生活 | 23:29 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人間ドック~今年も異常無し~

台風一過のあと、急に朝晩冷え込むようになりました。毎年秋に「車検」やって
ますが、今年も何とかパス出来ました。この年になるとマイナートラブルが多く
なってきます。

P1021518.jpg
個人病院ですが、いたって普通の家庭料理な感じがお気に入りです。

大腸君が前科持ちなので毎回不安ですが、麻酔明けの夕食が「おかゆ」じゃな
かったのが何より嬉しいです。胃腸は大事にしましょう。。

検査も無事終って朝30kmばかりちょろっと走ってみました。半ば習慣みたいに
なっています。ちょっと踏んでも汗が出にくくなってきたので嬉しい限りです。
ridley_blue.jpg
台風一過の空って綺麗だな♪


話変わって、日曜の1007嘉麻200kですが、参戦できません。。うええん。

| 与太噺 | 21:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。