自転車でさるく。

熊本県北部在住のランドナー・スポルティーフ乗りです。

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジョニィのアルバム

部屋の整理・方付けをしていたら、懐かしいものが出てきて作業が
ストップしてしまった・・・って、そんなことありませんか?

FZR400.jpg
すっかり処分していたと思っていた、バイク小僧だった頃の写真が
出てきたので、あの頃を回顧してみます。

「あの頃」とは世の中が平成になったばかりで、社会等はそれなり
に華やかでした。(まだ就労していなかったので、実経済の恩恵は
受けてはいません)

あの頃乗っていたのはヤマハの単気筒SRXと4発のFZRでした。
(当時は毎年のようにニューモデルが出て、レーサー&馬力至上主義
で新機軸を盛り込んだ車体が次から次へと出て、まるで夢のような
時代でした。この頃400ccは59hpに自主規制が引かれていました)

私が乗っていたこの2台は、ある意味対極にあるような車体です。
今はどちらも絶版になり、街中でも殆ど見かけることも無くなり
ましたが、SRXは小ぶりな車体とパルス感のあるワンカムの単気筒
エンジンが相まってとっても小気味良い走りを堪能出来ました。

デザインも曲線美というか、タンクからテールまで繋がる妖艶なカーブ
は今見てもハッとしますね。この頃のヤマハはSDR、R1-Zに
ZEAL等、とっても美しい(と思う)ラインがありました。
(90年中期のルネッサもいいですね!)

後者の方はレーサー全盛期だったこともあって、どこまでも廻る痛快
なエンジンと排気音が官能的ではありましたが、公道では正直トン
がりすぎてかなり乗りにくかったです。速いことは速かったですけど・・・

(結果、峠道等ではSRXの方が33hpながら何故か速かったです。
馬力が全てじゃないんだなあ、と感じた次第でした)

今はスッカリ家庭に落ち着いたオッサンになってしまいましたが(笑)
もし、夢よもう一度とバイクに復帰するのならば、どんなバイクに
乗るのか?いやマテ、何よりも面倒な「大蔵省」の許可は下りるのか?
下りたとしても、年齢から恐らく人生最後のバイクになるのでは・・・!?


結論:ヤマハさん、SRX(3VN)を再販してくれませんか・・・?
スポンサーサイト

| 与太噺 | 13:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。