自転車でさるく。

熊本県北部在住のランドナー・スポルティーフ乗りです。

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分の道

知り合いに相談を受けた。どんなのに乗りたいのか分からなくなったそうだ。
なるほど、雑誌を読めば最新モデルのインプレだの広告だのそれこそ滝の
ようにあふれ出てくる。また、新商品には新素材に新機軸が盛りだくさんだ。
ここで彼に話したことは「雑誌やネットの情報を鵜呑みにしちゃいけない」と
云う事だけは伝えた。

インプレやってるのは一般人とは比べ物にならない位の技量のトップライダー
が殆どだし、彼らの言うところの「やわい」だの「剛性がある」だのは凡人の
使用にはほとんど関係が無いレベルなんだよ・・・と話す。
ここら辺、オーディオやカメラにも通じるものがあって上見たらキリが無い世界
である。

「じゃあ、どれがいいのか??」という問いには、次のように返しておいた。
自分の買える範囲で好きなのを買うと良いよ。と。
友人のT君がそうだが、まずどんな乗り方をしたいかすら分からなかったと
思う。だから中古のノンサスのMTBに乗ってひたすらさるいてもらった。
2年余りが経つうちに、近所のコンビニまでの散歩もいつしか160キロ位は
走れるようになっているし、乗り方の方向性も見えて次期主力機の選定を
視野に入れているとも聞く。

彼への回答=なんでも良いはかなりぶっきらぼうにも聞こえるかもしれないが、
かくいう私もかなりの「ムダ遣い」をしたものだ。たぶん自転車趣味は一発で
「自分の道」を掘りあてた人はそういないのではないかと思う。
散策、ロングライド、ヒルクライム(ダウンヒル)、TT、ガレ場を踏破・・・自転車の
種類だけ乗り方(魅力)がある。
とにかく自転車というものの操縦スキルとそれなりの脚を作っておくのが最初
は肝心じゃなかろうか何て思う次第。
まずは近所の300ⅿ先のコンビニまでさるくことからどうぞ・・・

MANDA480.jpg
秋の万田坑。ぐっと涼しくなりました。
スポンサーサイト

| 銀輪生活 | 11:18 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。